シングルモードファイバーレーザ
(Single-mode Yb:Fiber Laser, SPI SP100C)

SPI SP100C Front SPI SP100C Back
Max.average power
100 W
Wavelength
1090 nm
Emission Bandwidth
3.2 nm
M2
1.1
Beam divergency
0.28 mrad
Polarization
Random
Circularity
99 %

 上図左および中央は本研究で使用しているレーザ発振器であり,連続発振と変調によるパルス発振が可能なシングルモードファイバレーザである.その主な仕様は上図右の通りである.本発振器は英国SPI社のGT-WaveTM技術を用いたクラッド励起方式の高出力ファイバーレーザであり,シングルモードファイバーで高品質なビームの出力が可能となっている.また,パルス発振においてはコントローラでモード変更を行うことにより連続発振に加え,矩形パルス発振にて任意の周波数,パルス幅で出力することができる.さらに,外部より任意波形を入力することで,種々の波形のレーザ発振が可能となる.本研究では現在この発振器を用いてプラスチックのレーザフォーミングや金属の高速微細レーザ溶接に関する研究を行っている.